全てのポーズやエクササイズに偏った力が入っている方へ ▷改善への導き

【問題】

●パーソナルトレーニングでなく、グループエクササイズでも

クラスの始まりに、少しの時間でも体調のヒヤリングをすることがあります。

不調としてよくお聞きする内容:

「腰回りの調子がなんだか悪いんです。」

「首周りが凝り固まって、体が重いんです。」

「股関節周りが動きが悪いんです。」

など。


ヨガ:1本足の猫のポーズ

ピラティス:オールフォース アーム&レッグリフト

を行ってもらうと、大体その日の体調がわかります。

長く通っていただいている方でもぐらつきが目立つ日があります。

日中の仕事などのデスクワークが多いような姿勢をとっていると

背骨の持っている働きが低下してしまっている様子です。

考えられること

●脊柱の機能が不足している。

→そのためにポーズやエクササイズでぐらついてしまう。また力が入りすぎたり、ぎこちない動きになる。

●本当に必要なところに力を使えることができない。

→手や足が動くごとに体の動きにブレが大きく見られる。

そのため、これらのポーズで効果が得られる

体幹部の安定と全身の強化が、効果的に得られない。

ご提案▶︎ローリング (コレクティブエクササイズ) 

【目的】と【修正の利点】

◉原始的なヒトの機能である

脊柱の可動性・運動するために必要な機構を調整する能力を呼び起こすパターン

▷手がどこにあっても背骨だけで安定感がある:

本当に必要なところに力を使える

▷体幹がしっかりと働いているとできる

▷さらに、

エクササイズ中にショルダーパッキング(肩甲骨が下がって脇がしまった状態)ができていれば

体幹の安定性も増していきます。

【お客様の反応】

●体の力が入りやすくなりました

●体全体がスッキリしました

●腰の違和感が随分取れました

●体全体が繋がった感じがします

コレクティブエクササイズとは

▷クライアントの体のクセや機能不全を改善して正しい使い方に導くための運動のこと

ご相談だけでもお気軽に

  • 自分にあったエクササイズが知りたい
  • 何から始めたらよいのでしょうか
  • 次はこのような記事を書いてほしい   などなど

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP