スクワットのフォーム▷改善への導き

問題

スクワットのトレーニングで

▷腰が反ってしまう

▷背中が丸まってしまう

など

「股関節からお尻をひいてください。」

「背中をもっと伸ばしてください。」

とご指導し少し改善はしましたが、

不安定さが残っていました。

改善のためのご提案▶︎ヒップヒンジ(コレクティブエクササイズ)

四つん這い または 膝をつけて行う
2つの種類があります。

<目的>

⚫︎体幹部の安定と運動するための様々な機構を調整する能力が上がる

⚫︎四肢の支持(肩関節/股関節)

⚫︎基本的なスクワット動作への機能を有効にする

<レベル>

クアドラプト ヒップヒンジ(四つん這いで行う) < トールニーリングヒップヒンジ(膝付きで行う)< スクワット

<方法>

【クアドラプト ヒップヒンジ】

①四つん這いになる。

②肩の真下、股関節の真下でそれぞれ支持する。つま先は立てる。

③お尻を真っ直ぐ後ろへひく。

*頭から臀部まで一直線を保つ。

*安定感を失わないようにする。

④安定性を保って、もどる。

【トールニーリングヒップヒンジ】

①両膝立ちになる。つま先は立てる。

*お尻は触っても柔らかい状態くらいで力みは最小限に膝で支える。

②お尻で踵を触るように股関節から踵へお尻を下ろす。

③元のポジションに戻る。

*頭から臀部まで一直線を保つ。

*安定感を失わないようにする。

お客様のエクササイズ後の反応

ヒップヒンジがスムーズに無理なくできた。

→クライアントとしては、

頑張ってヒップヒンジを行うようにも感じなかったそうです。

ヒップヒンジを必要とするエクササイズの全てのトレーニングに効果的です。

コレクティブエクササイズとは

▷クライアントの体のクセや機能不全を改善して正しい使い方に導くための運動のこと

ご相談だけでもお気軽に

  • 自分にあったエクササイズが知りたい
  • 何から始めたらよいのでしょうか
  • 次はこのような記事を書いてほしい   などなど

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP