猫背と肩甲骨不安定:改善 への導き アームバー

問題

  • 姿勢:円背(猫背)
  • エクササイズ( 特に肘・手のひら を床に置く )で、アライメントが崩れがち

例えば

▷肩が上がってしまい、安定性に欠ける

▷背中が丸まってしまう

など。

口頭で指導をしても

不安定さがすぐに出てしまいます。

改善のためのご提案▶︎アームバー(コレクティブエクササイズ)

ケトルベル または ダンベルを使用して行います。

<目的>

⚫︎体幹部の安定

⚫︎肩甲帯と腕の協調性を高める

⚫︎ローテーターカフ(肩甲骨と上腕骨をつないでいる筋肉の総称)へのアプローチでモスタビリティ(動きと安定性の構築)を促進

<方法>

[ スタートポジション ]

⚫︎仰臥位になる。

⚫︎セッティングまで重りは常に体につける。

*関節を痛めないように注意する。

⚫︎重りを持つ側の膝を屈曲。重りは肩の真上。逆の手はバンザイ。

[ 動き]

⚫︎そのまま足を反対側へ持っていき、床へつける。

⚫︎適正な骨性支持が得られたら、目線を重りへ。

⚫︎肩甲帯の不安定さを感じながら、肩の回旋を行い、協調性を高める。

⚫︎安定してきたら、目線を外し、神経系の適応を促す。

⚫︎終了時は胸の前に降ろし、身体ごと重りを床に置く。

お客様のエクササイズ後の反応

⚫︎体幹が安定している動きに変化した。

⚫︎ショルダーパッキングを常にキープするのが容易になった。

→その結果エクササイズが安定し、肩周り以外の可動域が広がった。

クライアントとしては、

頑張っているようには感じなかったそうです。

コレクティブエクササイズとは

▷クライアントの体のクセや機能不全を改善して正しい使い方に導くための運動のこと

ご相談だけでもお気軽に

  • 自分にあったエクササイズが知りたい
  • 何から始めたらよいのでしょうか
  • 次はこのような記事を書いてほしい   などなど

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP